「座」と「輪」


とりあえず、座って話そう。

椅子は世界で一番小さな「居場所」。

毎日無防備に腰かけても、椅子はいつだって私たちを受け入れてくれます。

けれど、長く使えば椅子たちも汚れ、へたり、くたびれます。

そんな時、捨てられるのではない選択肢を!と思い、永遠に誰かの居場所であり続けてほしいという願いを込めて

「Zatowa-座と輪-」という店名にしました。

せわしなく過ぎていく日々の中で、

変わらず受け入れてくれる居場所があれば、明日もまた頑張れる。

そして、

「とりあえず、座って話そう。」

きっとまた、色々な輪が広がっていくと信じて。


「椅子張り職人」と「椅子張り店」

「椅子張り」という職業はあまり知られていません。

でも、みんな毎日椅子やソファに座ります。

お家やお店、おしゃべりする時、何かを待っている時、食べる時。

座ったその椅子を、張った人がいる。

高齢化が進む職人世界の中で、少しでも身近に感じてもらい、

これから世界を作っていく人たちに、

こんな仕事があるんだと知ってほしくて,「椅子張り”店”」としています。

人がいる限り、椅子はなくなりません。

こんな仕事や技術があることを、一人でも多くの人に知ってもらうことが、育ててくれた歴代の職人の先輩方への唯一の恩返しです。